タグ別アーカイブ: サッカーユニフォーム

サッカーユニフォーム Top50五編

サッカーユニフォームTop50の最終編です。

Top9  アフリカユニフォーム 【Puma】

Pumaは、アフリカ12チームがアフリカ大陸を対象とした「アフリカ統一」という2Stユニフォームアウェイを発表された。 上部は空を代表してのスカイブルー、下部は土地を代表して茶色、中間部分にはグラジエント効果を配置し、地球と空は一体となっているデザイン。

Top8  ニューカッスル・ユナイテッドFC1995-1997シーズンユニフォームホーム 【Adidas】

あるユニフォームはランキングに占めるのは、チーム当時の成績ためにクラシックになることができ、あるには単純でインスピレーションを与えるデザインです。 このユニフォームはその一つです。 アディダスロゴは英語でプリントし、黒と白のストライプやチェスト部分の広告はとてもシンプルです。 アランシアラーもこのユニフォームを着て多くな記録を破された。

Top7  フランス代表1984-1986シーズンユニフォームホーム 【Adidas】

1984年UEFAカップ、フランスはチャンピオンを優勝された。レッドストライプもファン達にとってクラシックなスタイルです。

Top6   ユベントス1985ユニフォームホーム 【Kappa】

チームエンブレムが見えないにしても、2つゴールデン★によれば、ユニフォームの所属はユベントスだと分かります。

Top5   リヴァプール1985-1987シーズンユニフォームホーム 【Adidas】

これはAdidasがリヴァプール公式サプライヤーになった後で、発表された最初ユニフォームです。ゴールデンシルエット、チームエンブレム、歴史と現代の完璧融合デザイン。

Top4  デンマーク代表1986-1987シーズンユニフォームホーム 【Hummel】

1986年デンマーク代表初め世界Aマッチに出場した時、このユニフォームを着て、世界にデンマークイメージを展示した。

Top3  オランダ代表1988UEFAユニフォームホーム 【Adidas】

これはオランダ唯一の世界マッチチャンピオン優勝した時着たユニフォームです。

Top2  イングランド代表2009シーズンユニフォームホーム 【Umbro】

イングランド代表歴代ユニフォーム中に販売量が最も多いのユニフォームです。シンプルナデザイン、ファン達の好評を得ている。

Top1  ドイツ代表1990W杯ユニフォームホーム 【Adidas】

このユニフォームはドイツのチャンピオンシップユニフォームであるだけでなく、V字型の先進的なデザインのためもでなく、1位に占める理由はユニフォームデザインに変更させたことです。

各ユニフォームを詳しく情報が入手したい方はこちらへ~

 

サッカーユニフォーム Top50四編

Top19  アルゼンチン代表1986年W杯ユニフォームホーム 【Le Coq Sportif】

マラドーナが“パンパスイーグルズ(アルゼンチン代表)と一緒にアステカスタジアムでW杯優勝カップを握て、このユニフォームの代表性を明らかになった。

Top18  アバディーンFC1976-1979シーズンユニフォームホーム 【Admiral】

アバディーン1976-79シーズンユニフォームは大胆なデザインに採用し、チームエンブレムも着いてないし、でもアバディーンスタイルがわかりやすく、見るとそれをアバディーンユニフォームだとわかります~

Top17  セルティックFC125周年記念ユニフォーム 【Nike】

クラブ創立125周年記念としてデザインユニフォームです。シンプル過ぎるのデザインと思う。今セルティック公式ユニフォームサプライヤーはもうナイキじゃない。

Top16  イプスウィッチ・タウンFC1982-1984シーズンユニフォームホーム 【Adidas】

これはアディダスユニフォーム歴史上多くないサードパーティデザイナーの作品です。

Top15  ハル・シティAFC1992-1993シーズンユニフォームホーム 【Matchwinner】

ハル・シティチーム愛称は虎です。デザイナーは愛称にインスパイアされたデザインです。

Top14  イタリア代表2000-2001シーズンユニフォームホーム 【Kappa】

イタリア伝統ブルーをメインカラーで、ダークトーンコーディネートして、ライントリムは非常に良い。

Top13 マンチェスター・ユナイテッドFC1992-1994シーズン2Stユニフォームアウェイ 【Umbro】

マンチェスター・ユナイテッドクラシック色イエローとグリーン、現代プリントデザインと融合させ、マンチェスターU新しいイメージを表現。

Top12  ボカ・ジュニアーズ1981シーズンユニフォームホーム 【Adidas】

ボカ最もクラシックなユニフォームです。ブルーとイエローストライプのデザインを残し置く、ポイントはチーム略称“CABJ”をプリントされた4つ★ですが、それをチームエンブレムに代わりました。

Top11  ウェールズ代表1976-1979シーズンユニフォームホーム 【Admiral】

Admiralブティックユニフォームですが、2つアーチ模様のイエロとグリーンのストライプが両脇に浮かび、Admiralロゴが襟元に移動しました。イエローはウェールズ国花の水仙を表し、レッドはウェールズ旗の赤い龍を表し、グリーンはウェールズどこでも見ることができるアマランスを表現。ウェールズ象徴ものは満たすデザインです。

Top10 イングランド代表1980-1982シーズンユニフォームホーム 【Admiral】

イングランド 代表 ユニフォーム歴史上最も有名なモテるです。国旗カラーデザインとホワイトを完璧融合させ、ファン達もとても気に入りそう~

サッカーユニフォーム Top50三編

三編です。

Top29  ウェストハム・ユナイテッドFC1976-1980シーズンユニフォームホーム 【Admiral】

Vネックストライプ襟デザインは他のクラブ真似られるデザインです。

Top28  エヴィアン・トノン・ガイヤールFC2011-2012シーズンユニフォームホーム 【Kappa】

エビアン硬水は皆さんよく知ていますね、このクラブとエビアンの関係は緊密で、アルプス山脈シルエットとピンクベースカラーはエヴィアンの象徴です。

TOP27  コヴェントリー・シティFC1987-1989シーズンユニフォームホーム 【Hummel】

1987年コヴェントリー・シティクラブ史上今まで唯一のチャンピオン優勝です。その後、このユニフォームを発表され、半分ストライプデザインは多分デンマーク代表ユニフォームインスパイアされたものでしょうが、サプライヤーHummelはデンマークのブランドです。

Top26  インテル・ミラノ2010-2011シーズンユニフォームホーム 【Nike】

ギアストライプデザインは目立つポイントですが、全身満ちたチャンピオンエンブレムは非常に眩しいでしょうね。セリエAはチャンピオンエンブレムをつける伝統がある。

Top25  スコットランド代表1989-1991シーズンユニフォームホーム 【Umbro】

スコットランド代表最も有名な一枚ユニフォームです。ホワイトポロ襟とレッドチームカラーと融合され、ゴシックスタイルチームエンブレムもつけて、襟口の紐デザインも他のクラブに真似られた。

Top24  クリスタル・パレスFC1972-1973 【Admiral】

ホワイトをベースカラーに、レッドとブルーストライプが飾られている、シンプル感とデザイン感両方も備えています。

Top23  TSV1860ミュンヘン2012-2013ビールイベントユニフォーム 【Uhlsport】

一年に一度のビールイベント全世界ビールコンの楽しみ時期ですよね~その時期、TSV1860ミュンヘンとバイエルン・ミュンヘンはお祝い活動を行い。このユニフォームはクラブ歴史上初めてビールイベントお祝い為にデザインされたものです。

Top22  ダンディー・ユナイテッドFC1984-1987シーズンユニフォームホーム 【Adidas】

このユニフォームはUEFAリーグクラシックな一枚です。

Top21  UniversitariodeDeportes88周年記念ユニフォーム 【Umbro】

2013年UmbroはUniversitariodeDeportes88周年ために、記念ユニフォームをデザインされた。レッドとベージュの組み合わせ、全体にポロ仕様、現代とレトロ備えるデザイン。

Top20  オリンピック・リヨン2010-2011シーズンユニフォームアウェイ 【Adidas】

リヨンはヨーロッパシルクロードの中心として、暗いレッドをベースカラーにして、雄獅子と金線刺繍仕様はリヨン優れた繊維技術の表現。

サッカーユニフォーム Top50二編

今日は、二編です。

Top39 アメリカ代表1992-1994シーズンユニフォームホーム【Adidas】

右肩にはアメリカ国旗トリコロールが配置して、襟口まわりにアディダスロゴをつけて、アメリカ人の愛国心を表現されました。

Top38 フランス代表1980-1984シーズンユニフォームホーム 【Adidas】

このフランス 代表 ユニフォームを見て、ファン達はすぐミシェル・プラティニ、ジャン・ティガナ、ドミニク・ロシュトー3名元フランス代表のサッカー表現を頭に浮かんで来る。デザインポイントは全体にレッド、ホワイト、ブルートリコロールのストライプ、当時でも大胆なデザインです。

Top37  ブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンFC1985-1987シーズンユニフォームホーム 【Adidas】

イングランド所属サッカークラブブライトン、上下異なるデザインに採用し、上部には粗いストライプ、下部には細いストライプ。1983年このユニフォームを着て、決勝戦に入選した。

Top36   ワトフォードFC1985-1988シーズンユニフォームホーム 【Umbro】

5色合わせるデザインです。普通、5色でオシャレ過ぎるな感じですが、でもこのユニフォーム5色デザインはそんな感じはないでしょう。

Top35  マンチェスター・ユナイテッドFC1992-1994シーズンユニフォームホーム 【Umbro】

紐結びの襟デザインはレトロスタイルが溢れて、クラブ略称“MUFC”のプリントはファッションセンスがあると思います。

Top34  セルティックFC1987-1990シーズンユニフォームホーム 【Umbro】

チェッカーボードパターンデザイン、チームとよくお似合いで、このユニフォームはファン達にとってすごくクラシックな一枚です。

Top33  オリンピック・マルセイユ 2011-2012シーズンユニフォームホーム 【Adidas】

デザインインスパイアはファン達チアリーディング場面プリントされて、ファン達への感謝意を表現。

Top32  アメリカ代表1994年W杯ユニフォームホーム 【Adidas】

1994年アメリカW杯着用ユニフォームです。アメリカは主催国として、波紋模様の国旗カラーが飾れら、アメリカ国民興奮の気持ちは伝わるデザインです。

Top31  アメリカ代表1994年W杯ユニフォームアウェイ 【Adidas】

アウェイユニフォームは国境の★が全身満ちて、袖口と襟周りのホワイトとレッドトリムデザイン、アメリカ国民の自慢感を十分に表現された。

Top30  ASサンテティエンヌ1981-1982シーズンユニフォームホーム 【Le Coq Sportif】

当時このユニフォームデザインへの不満が多くて、2つホワイトストライプはサンテティエンヌ伝統チームカラーと違って、でも1981-1982シーズンフランスリーグ戦、サンテティエンヌこのユニフォームを着て、決勝戦にを優勝した。

 

サッカーユニフォーム Top50一編

今日は、サッカーユニフォーム Top50を説明します。サッカーユニフォームにご興味がある方はぜひごコメントを残してください。

Top50  オランダ代表1996UEFAユニフォームホーム 【Lotto】

1996年UEFA大会に向けたユニフォームホームモデルです。サプライヤーはイタリアスボーツ用品製造元Lottoです。インプリンティングは1994年アメリカW杯大会でオランダとアイルランドの競技画像です。

Top49 ハル・シティ2007-2008ユニフォームホームモデル【Umbro】

UMBRO最もクラシックなユニフォームの1つです。特に腰周りの虎模様の波紋はポイントで、 ハル・シテ“タイガー”のチーム愛称が十分に表現。

Top48 ドイツ代表1991ユニフォームアウエイ 【Adidas】

ファン達はこのユニフォームを見たら、すぐは1990年イタリアW杯大会にはドイツ代表の輝く表現を思い出された。ただ、グリーンはホワイトを代わりにホーム色になります。

Top 47 プーマス2014-2015シーズンユニフォームホーム 【Nike】

1976-1977のユニフォームにインスパイアされたデザインです。1976-1977シーズンで、プーマスクラブ史上初めてのリーグチャンピオンを優勝されたが、左肩にはメキシコ国立自治大学のエンブレムが配置して、これはクラブとメキシコ国立自治大学間に緊密な絆の象徴と思います。

Top 46 フランス代表2010ユニフォームホーム 【Adidas】

レッドとホワイトストライプのデザインは1984と1998年ユニフォームデザインにインスパイアされたものです。濃いブルーとホワイトVネックもポイントです。

Top 45 コーク・シティFC1989-1991シーズンユニフォームホーム 【Adidas】

アイルランドのサッカークラブコーク・シティFC。1989-1991シーズンユニフォームホームのデザインは1990年イタリアW杯大会ドイツ代表が着用されたモデルにインスパイアされたです。ランキングに占める理由は多分1989-1991シーズンクラブのいい成績だと思います。

Top 44 SCコリンチャンス・パウリスタクラブ創立100年記念ユニフォーム 【Nike】

2010年はクラブ創立100周年です。100周年記念ユニフォーム色は今のコリンチャンス·パウリスタのチームカラーであるのグリーンと違って、なぜならば1901クラブ創立された時にチームカラーはホワイトです。

Top 43 ノリッジ・シティFC 2004-2006シーズンユニフォームアウエイ 【Xara】

ポイントは非対称なネックとlotus carsはこのユニフォームをサポートします。

Top 42 アーセナル2005-2006シーズンユニフォームホーム 【Nike】

2006年、アーセナルはハイバリースタジアムから離れていく、新しいエミレーツスタジアムにへ移行されました。そのシーズンに、アーセナルは初めてハイバリーに移行した時に着用したチームカラーであるのレッドを選んだ。

Top41 バーミンガム・シティFC1972-1974シーズン2stユニフォームアウエイ 【Umbro】

このユニフォームデザイン背景は1974年西ドイツW杯大会です。ドイツ国旗カラーをベースカラーを採用した。

Top 40 アスレティック・ビルバオ2011-2012シーズンユニフォームアウェイ  【Umbro】

一見すると、ユニフォームはバスクの特徴で非常に豊かに見える。緑、赤、白の色はバスク地域のバナー由来されたです。 しかし、このユニフォームは非常に稀のためにランキングに占めています。今にも古着屋ではんほとんど見つけられない。

サッカーユニフォームを購入したい方はこちらへ~