タグ別アーカイブ: top50二編

サッカーユニフォーム Top50二編

今日は、二編です。

Top39 アメリカ代表1992-1994シーズンユニフォームホーム【Adidas】

右肩にはアメリカ国旗トリコロールが配置して、襟口まわりにアディダスロゴをつけて、アメリカ人の愛国心を表現されました。

Top38 フランス代表1980-1984シーズンユニフォームホーム 【Adidas】

このフランス 代表 ユニフォームを見て、ファン達はすぐミシェル・プラティニ、ジャン・ティガナ、ドミニク・ロシュトー3名元フランス代表のサッカー表現を頭に浮かんで来る。デザインポイントは全体にレッド、ホワイト、ブルートリコロールのストライプ、当時でも大胆なデザインです。

Top37  ブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンFC1985-1987シーズンユニフォームホーム 【Adidas】

イングランド所属サッカークラブブライトン、上下異なるデザインに採用し、上部には粗いストライプ、下部には細いストライプ。1983年このユニフォームを着て、決勝戦に入選した。

Top36   ワトフォードFC1985-1988シーズンユニフォームホーム 【Umbro】

5色合わせるデザインです。普通、5色でオシャレ過ぎるな感じですが、でもこのユニフォーム5色デザインはそんな感じはないでしょう。

Top35  マンチェスター・ユナイテッドFC1992-1994シーズンユニフォームホーム 【Umbro】

紐結びの襟デザインはレトロスタイルが溢れて、クラブ略称“MUFC”のプリントはファッションセンスがあると思います。

Top34  セルティックFC1987-1990シーズンユニフォームホーム 【Umbro】

チェッカーボードパターンデザイン、チームとよくお似合いで、このユニフォームはファン達にとってすごくクラシックな一枚です。

Top33  オリンピック・マルセイユ 2011-2012シーズンユニフォームホーム 【Adidas】

デザインインスパイアはファン達チアリーディング場面プリントされて、ファン達への感謝意を表現。

Top32  アメリカ代表1994年W杯ユニフォームホーム 【Adidas】

1994年アメリカW杯着用ユニフォームです。アメリカは主催国として、波紋模様の国旗カラーが飾れら、アメリカ国民興奮の気持ちは伝わるデザインです。

Top31  アメリカ代表1994年W杯ユニフォームアウェイ 【Adidas】

アウェイユニフォームは国境の★が全身満ちて、袖口と襟周りのホワイトとレッドトリムデザイン、アメリカ国民の自慢感を十分に表現された。

Top30  ASサンテティエンヌ1981-1982シーズンユニフォームホーム 【Le Coq Sportif】

当時このユニフォームデザインへの不満が多くて、2つホワイトストライプはサンテティエンヌ伝統チームカラーと違って、でも1981-1982シーズンフランスリーグ戦、サンテティエンヌこのユニフォームを着て、決勝戦にを優勝した。